暮らし

ボタンがない! 予備もない! そんなときに役立つアイデア


2014.05.15

ボタンで遊んでみましょう。撮影:森山雅智

「着ようと思ったらボタンがない!」……洋服のトラブルで最も多いものの1つではないでしょうか。つけようと思っても予備のボタンがないときはどうすればよいのでしょう。手芸作家の森恵美子(もり・えみこ)さんが素敵な方法を提案します。

 

*  *  *

 

ボタンが紛失してしまって同じものがない、イメージを変えたい、そんなときにおすすめなのが、元のボタンとは異なるものに替えること。写真のシャツは、色ボタンを選び、あえて色も不ぞろいにしました。ボタンと同色の糸でつけましたが、糸を目立つ色にすると、シンプルなシャツやブラウスのアクセントにもなります。また、胸元など目立つところのボタンをなくしてしまったときには、一番下の目立たない位置のボタンを外してそれを胸元につけ直し、外したところには似たボタンをつける……というやり方で乗り切ることもできます。

 

テキストでは、2つ穴・4つ穴ボタン、裏ボタン付きのボタン、足つきボタンのつけ方を、それぞれ詳しく解説しています。

 

■『NHKまる得マガジン お気に入りを長く着る 衣服のつくろい術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)