暮らし

日本のお葬式にはなぜお坊さんが来るの?


2014.04.29

「日本のお寺にはお墓があって、お葬式に必ずお坊さんが来るのはなぜですか?」

 

東京藝術大学大学院教授(文化財保存学)の籔内佐斗司(やぶうち・さとし)さんが、東南アジア出身の留学生から受けた質問です。日本人でも答えられる人は少ないのではないでしょうか。籔内さんがズバリ回答します。

 

*  *  *

 

江戸時代以降の寺請け制度によるものです。

 

日本の仏教寺院が葬送儀礼に深く関わるようになったのは、江戸時代以降のことと思われます。

 

キリシタンや禁制宗派の信徒でないことを寺院に証明させる寺請制度が敷かれ、現在の戸籍にあたる宗門人別帳がつくられました。幕藩政治の租税徴収の基本台帳であり、村落ごとの出生と死亡を記録し、墓地を寺院内に設けることで、各種法要に集まる人を把握していたといえます。わが国の農村社会の緊密性や、圧倒的な治安のよさを支えていたひとつの要因といえるかもしれません。

 

海外では、墓地は多くの場合、公のものか、地域社会の共有のものとされ、寺院が墓地を所有するシステムは、海外から来た人たちが日本の葬儀に参列してたいへん驚かれることです。

 

■『NHK趣味Do楽 籔内佐斗司流 ほとけの履歴書 仏像のなぞを解きほぐす』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)

000000817872019_01_136

NHKカガクノミカタ 2 予想してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)