暮らし

スッキリしまえる薄型収納ラックを作ってみよう


2014.03.27

基本作品A「横型ラック」。どんどん増えがちな文庫本やCDを収めるのにぴったりのサイズ。リビングなどに置けば、ちょっとした飾りのスペースにも。板の色を生かしたナチュラルな雰囲気は、置く場所を選ばず使えます。撮影:飯貝拓司

新生活の準備をするこの季節、DIYに挑戦してみませんか? DIYアドバイザーの嶋崎都志子(しまざき・としこ)さんがご紹介くださるのは、家じゅうのちょっとしたデッドスペースを役立つ収納コーナーにしてくれる薄型の収納ラック。“1×6(ワン バイ シックス)材”という細長い1種類の板をカットして組み立てただけの背板もつけないシンプルな作りはDIYが初めての人にもおすすめのデザインです。

 

1×6(ワンバイシックス)材とは

 

今回使用したSPF1×6材は、インチ単位で規格を表した輸入木材。柔らかくて加工がしやすく、軽くて丈夫なのが特徴で、DIY初心者には扱いやすくておすすめの素材です。1×(ワン バイ)は厚みの19mm、6(シックス)は幅の140mmを表し、板の長さは910mm、1820mmなどのサイズがあり、大型ホームセンターやDIYショップで購入できます。特にこの幅はCDや文庫本を収納するのにちょうどよい幅の板。奥行きの薄さを利用して廊下の壁面やキッチンなど、隙間やデッドスペースを収納に生かす棚作りに重宝します。

 

木材の選び方

 

木材はできるだけ反ったり曲がったりしていないものを選びましょう。まったく反りのないものは少ないですが、購入する前に床などの平らな場所に置いてみて、ガタついたりしないかの確認を。このときに、割れやひびが入っていないかどうかもチェックして。節の部分にねじやヒートンをねじ込むと板が割れやすいので、なるべく節の少ないものを選ぶのもポイントです。

 

作り方は『すてきにハンドメイド』2014年3月号に掲載しています。

 

■  『NHKすてきにハンドメイド』2014年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)

000000817872019_01_136

NHKカガクノミカタ 2 予想してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)