暮らし

スミレの立体刺しゅうで食卓に春の彩りを


2014.02.27

ボトルのふたに紫のスミレが1輪(右)。糸の質感と微妙につけたグラデーションが柔らかで、食卓に春を連れてきてくれそうです。左の作品は、市販のバスケットに麻布でふたを作り、ビオラのリースを飾りました。葉やつぼみも、すべて刺しゅうでできています。撮影:中野博安

ボトルやバスケットのふたに咲く、春の花。刺しゅう作家の清弘子さんと安井しづえさんのユニット「アトリエ Fil(ふぃる)」が届けてくれたのは、ワイヤーを使って立体的に仕上げた、愛らしいスミレの立体刺しゅうです。特別なステッチやテクニックなしで、ワンランク上の華やかな作品ができます。

 

アトリエ Filのお二人は、立体刺しゅうの魅力についてこう語ります。

 

「立体的な刺しゅうを、一般に『スタンプワーク』と呼びます。作品の一部を浮き上がらせたもの、綿を詰めてふくらみを持たせたものなどさまざまな種類がありますが、今回の花は、ワイヤーを使い、布から刺しゅう部分だけを切り取った「3D(スリーディー)」の刺しゅうです」。

 

「洋書でスタンプワークと出会って作り始めた立体の花ですが、作り方や配色に工夫を重ね、自然に見えるようにデザインしています。1輪でも絵になって、インテリアのほかブローチや髪飾りにも向き、「使える」のも3Dのよさ。実は基本的なステッチでできて作りやすく、刺しゅうのステップアップにおすすめの作品です」。

 

実物大図案と型紙、詳しい作り方は『すてきにハンドメイド』2014年2月号に掲載しています。

 

■『NHKすてきにハンドメイド』2014年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)