暮らし

野菜作りに大活躍! ペットボトル活用術


2013.12.25

少量の水やりならペットボトルがおすすめ。

普段は捨ててしまうペットボトルですが、じつは野菜作り用グッズとして大活躍するアイテムの一つ。便利なグッズをいろいろ作ってみましょう。さまざまな容量や形状のものがあるので、用途に合わせて選んでください。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんがレクチャーします。

 

*  *  *

 

ジョウロ

 

小さなプランターの少量の水やりなら、小型のジョウロを買わなくても、ペットボトルジョウロで十分。市販のペットボトル用のハス口をつけるか、ボトルに穴をあけて、手作りすることもできます。

 

市販のハス口をつけるだけ

ペットボトルに水を入れ、100円ショップやホームセンターなどで売られているペットボトル用のハス口をつけます。ボトルを斜めに傾ければ水が出ます。水流を強くしたい場合は、ボトルの側面を押すとよいでしょう。

 

穴をあけるだけ

ペットボトルの肩の部分に画びょうなどで小さな穴を8〜10か所あけましょう。水を入れてキャップを閉め、斜めに傾けてボトルの側面を押すと、シャワー状に水が出ます。

 

16501122013_p041_01

水を入れてキャップを閉め、斜めに傾けてボトルの側面を押すと、シャワー状に水が出る。

ホットキャップ

 

注ぎ口が空気穴になるので、カッターで底の部分を切り離して、ボトルの上のほうを使います。必要な分を必要なときにすぐ作ることができて経済的。1.5〜2リットルサイズの円筒形のボトルがおすすめです。

 

タネまきや植えつけをした株の上にかぶせて使用します。高さは株の大きさに合わせて調整しましょう。

 16501122013_p041_02

手を切らないように切り口にビニールテープを巻く。

土入れ

 

500ミリリットルのボトルを斜めに切ると、上下どちらも土入れとして使用できます。厚くかためのボトルで、握りやすい形のものを選びましょう。手を切らないように、切り口に必ずビニールテープを巻いてください。

 

ボトルに水を入れて斜めに傾け、水のラインに沿って油性ペンで印をつけましょう。角度をつけると、細いすき間にも土を入れることができます。

 

 16501122013_p041_03

印に沿ってカッターで上下に切り分け、切り口にビニールテープを巻いて完成。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)