趣味

保冷バッグでダイコンが栽培できる!


2013.09.22

容量20〜25リットル、マチつきのバッグがおすすめ。

食料品の買い出しやレジャーなどに大活躍の保冷バッグ。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんが大きめの保冷バッグを使った、ミニダイコンのアイデア栽培を紹介します。

 

*    *    *

 

日中は残暑が厳しいものの、少しずつ夜温が下がり始め、秋がすぐそこまでやってきたようです。夜が涼しくなり始めたら、ダイコン栽培の適期到来。葉をボロボロに食害するアオムシやコナガなどの害虫も減って、ぐんと育てやすくなります。

 

根がまっすぐ下に伸びながら肥大していくダイコンの栽培には、ミニサイズの品種でも、大きくて深さのある容器が必要です。市販の野菜用プランターでももちろん栽培できますが、深くて大型のプランターは、栽培が終わったあとの置き場に困ったりします。

 

そこでおすすめなのが、夏の間に大活躍した保冷バッグ。古くなって買い替えどきのものも使えるので、ぜひダイコンの栽培に利用しましょう。最近はカラフルなデザインのものがふえているので、見た目もオシャレなダイコン栽培が楽しめます。

 

保冷バッグにはこんなメリットも!

 

地温の上昇を防ぐ

 

9月に入っても、日中の暑さは真夏並み。容器の側面に直射日光が当たると、土の温度が上昇して根が傷んでしまいます。断熱効果の高い保冷バッグは地温の上昇を防ぐので、ダイコンなどの根菜類の栽培にピッタリです。

 

アブラムシ予防

 

ダイコンの葉を吸汁するアブラムシは、キラキラ光るものが苦手。バッグの上端を折って中の銀色の部分が表に出るようにすると、アブラムシよけの効果も。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2013年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000064072342018_01_136 

韓国ドラマ・ガイドブック 仮面の王 イ・ソン

2018年04月17日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000069235832018_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 半分、青い。 Part1

2018年03月26日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000061992612018_01_136

NHK趣味の園芸 栽培のコツがわかる ベランダガーデニング

2018年03月17日発売

定価 1188円 (本体1100円)