趣味

栄養たっぷり、収穫どっさり!「アピオス」って何?


2013.06.19

アピオスは、栽培期間は長めながら、手がかからず初めてでも無理なく育てられる

根菜類の中ではめずらしいマメ科の野菜「アピオス」は小粒ながら栄養豊富で、どっさり収穫できることから、人気上昇中。「そんな野菜、初めて知った!」という人のために、恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんがアピオスについて詳しく教えてくれた。

 

*  *  *

 

健康野菜として注目されているアピオス。たんぱく質やカルシウム、鉄、食物繊維、ビタミン類、脂質など、健康な体作りに欠かせない栄養素をバランスよく含み、その含有量は、ジャガイモなどに比べるとそれぞれ数倍〜数十倍と言われています。親指ほどの大きさのイモは、ほんのりと甘みがあってホクホク。ゆでる、素揚げにするなどのシンプルな調理のほか、煮物に入れたり、ゆでたものをつぶしてコロッケにしたりと、和風にも洋風にも利用できます。

 

マメ科のアピオスは、つるを伸ばして育つので、タネイモの植えつけ後に支柱を立ててネットを張り、誘引(ゆういん)します。病害虫などの心配はほとんどなく、月1回の追肥さえ忘れずに行えば、霜が降りる前の11月ごろに収穫できます。イモは、株を中心とした直径1mほどの範囲に数珠つなぎに散らばってできるので、根を切らないようていねいに掘り上げます。

 

■  『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2013年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992692018_01_136

そのまま切って使える型紙BOOKシリーズ こうの早苗の ワンピース

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)