趣味

鑑真和上がプロデュースした仏像


2020.11.07

全体的にやや太めで、下半身が長く大きい 撮影:大西二士男

「仏教を発展させるために、ぜひ日本に来てほしい」という願いを受け入れ、はるばる中国からやってきた鑑真和上(がんじんわじょう)。日本への道のりは長く過酷で、6度目にしてようやく到着。名プロデューサーである鑑真さんは、戒律(かいりつ/仏教の決まり事)を指導し、唐招提寺を建立。僧侶の学校を開き、多くの弟子を育てました。中国から連れてきた仏師による新たな仏像の誕生など、日本の仏教界に、新風を吹き込んだのです。駒澤大学教授の村松哲文(むらまつ・てつふみ)さんが、鑑真和上がプロデュースした仏像の特徴を解説します。

 

*  *  *

 

鑑真和上、プロデュースの仏像たち

 

唐招提寺の境内の東側にある「新宝蔵(しんほうぞう)」には、多くの木造の仏像が収められています。この中に、鑑真和上が関わっている作品が3躯(く)あります。

 

ほかの仏像と比較すると、それらはつくり方や姿形が異なるため、鑑真和上と共に中国からやって来た仏師(工人)の手によるものと考えられています。その中の1人に、雕檀(ちょうだん)という檀像彫刻(香木を使って仏像を彫る)の専門家もいました。次の4つのポイントをイメージしながら鑑賞しましょう。

 

・表面は漆を塗らず、素地をそのまま生かした仕上げになっている。

・小顔ながら、体には厚みがあり、肩も張ってたくましい体型。

・衣のたるみを、大きい波と小さい波で交互に彫り分けている。

・頭から台座まで、1本の木でつくられている(一木造り)。

 

薬師如来立像

 

国宝 木造 素地 彫眼 像高160.2cm 奈良時代

62288032020_p044_01

おおらかでボリュームのある造形は、日本の仏像には見られないもので、鑑真和上に随行した仏師の作とされる。顔は頬がふくよかに張り、うっすらと微笑んでいるような表情。腹部と大腿部の間は、衣の線が密に刻まれているが、下方はシンプルになり、メリハリがきいている。うねっているように見える衣の端の部分は、波状の線が刻まれ、躍動感がある。頭部の漆塗の螺髪(らほつ/髪の毛)と両手が失われている。

 

■『NHK趣味どきっ!アイドルと巡る 仏像の世界』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402912020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (14)カキ

2020年10月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000312162020_01_136

マルティナさんの カラフル糸で編むレッグウエア

2020年10月24日発売

定価 1870円 (本体1700円)

000000057102020_01_136

NHK連続テレビ小説 エール(下)

2020年10月30日発売

定価 1540円 (本体1400円)