趣味

トマトが料理の「だし」代わりになるって本当?


2013.06.05

トマトご飯。昆布のだしを使ったトマトの炊き込みご飯は、当然ながらうまみもたっぷり。

トマトが料理の「だし」代わりになるというのは本当だろうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんにズバリうかがった。

 

*  *  *

 

トマトにはグルタミン酸という「うまみ成分」がたくさん含まれています。うまみ成分にはさまざまな種類がありますが、グルタミン酸はその代表格と言えるもので、昆布に大量に含まれています。ですから、トマトは「だし」と同じようなうまみをもつというのは本当です。西洋料理でトマトソースがさまざまな料理のベースに使われるのは、十分にうまみが確保できるという理由もあるのでしょう。

 

和食を作るときに、トマトのエキスを昆布のだしとまったく同じように使えるわけではありませんが、最近では「トマトご飯」などのように、和食でもトマトを使う料理があります。今後はもっとトマトのうまみを生かした和食のバリエーションが増えるかもしれませんね。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2013年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)