趣味

育てたくて、描きたくて──植物の生命力を描く画家、オオワダサオリさん


2020.09.03

1〜2年前に買った竜神木(りゅうじんぼく)を手に。「一回り大きくなりました」 撮影:安部まゆみ

繊細な描写で、細部まで描き込まれた植物画。画家のオオワダサオリさんの作品は、植物への愛に満ちています。なかでも多肉植物、特にサボテンが好きという彼女に、自慢の一鉢を見せていただきました。

 

*  *  *

 

はがきサイズの絵から壁画まで、さまざまな植物をのびやかな筆致で描く、画家のオオワダサオリさん。5〜6年ほど前から植物をメインテーマに制作を続け、なかでも多肉植物を多く描いています。

 

オオワダさんが植物に目覚めたきっかけは、体を壊したこと。療養生活中、自分がよく木の写真を撮っていることに気づき、それを絵に描いてみたそう。

 

「たちまち夢中になりました。特に幹や樹皮は、描きながら、植物が生きていることを感じられる。『この生命力を絵に落とし込みたい!』と思いました」

 

植物を描き始めた当初、目を向けたのが多肉植物。その後サボテンにも関心が広がっていきました。

 

「個性的な形は見ているだけでもわくわくしますが、透けて見える葉脈や、ずんぐりとした塊根(かいこん)、今にもはがれそうな古い樹皮といったディテールを目にすると、ああ描きたい、と思います。多肉の柔らかい葉やサボテンの綿毛は難しいですが、描きがいがあります」

 

主にアクリル絵の具を用いて描かれる、彼女の多肉は、透明感ある色合いと静かな力強さが印象的。一見写真と見まごうリアルさがありながら、どこかファンタジーっぽく、不思議な形の魅力が強調されています。

 

「葉や根などのパーツは、できるだけ本物に近く描いています。一方で、全体の形は想像をプラスして、実際より少し見栄えよく。依頼を受けて描くときも、『花を咲かせてほしい』といった要望をいただくことが多いんですよ」

 

※続きはテキストでお楽しみください。

 

■『NHK趣味の園芸』2020年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000361392020_01_136

宇宙のがっこう

2020年07月30日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000000162762020_01_136

サラリーマン川柳 とびきり傑作選

2020年06月10日発売

定価 1045円 (本体950円)