趣味

常識に変化! 夏バテから野菜を守るテクニック


2020.08.15

ワラの上にひもを渡して、畝のまわりにさしたUピンにひもを通して留めると、ワラが飛びにくくなる。撮影:丸山滋

強い日ざしが降り注ぎ、暑さと乾燥が激しい時期です。野菜を“夏バテ”から守るテクニックを紹介します。

 

*  *  *

 

地温を下げて乾燥を防ぐ 敷きワラ

 

乾燥に弱い野菜は、梅雨明け後、株元にワラを敷きましょう。ワラが日ざしを遮るので地温が下がり、土壌水分をキープして乾燥を防ぎます。雑草が生えるのを防ぎ、雨による泥のはね返りも防いで、病気のリスクを減らすなどの効果も。ワラは、涼しくなってもかけたままでかまいません。収穫が終わったら、細かく切って畑にすき込めば堆肥の代わりになります。

 

適した野菜

ナスピーマンキュウリインゲンサトイモショウガナガイモなど。

 

朝夕の涼しい時間帯がおすすめ 水やり

 

畑では基本的に水をやることはありませんが、近年の猛暑と日照りで水やりの常識も変わってきたようです。雨が降らずに乾燥が続いて、朝方に葉がしおれているときは、水をやりましょう。乾燥させないほうがよいのは、ナス、ピーマン、キュウリ、サトイモ、ニンジンなどです。特にサトイモは乾燥に弱いので、畝の両側に溝を作って水をたっぷりと流し込みます。

 

水やりに適しているのは、比較的気温が低い朝と夕方です。反対に避けたほうがよいのは、10~15時の時間帯。1日のうちで最も気温が高く、与えた水がすぐに温まって根を傷めるおそれがあるからです。また葉についた水滴がレンズの役割を果たして、葉焼けを起こすことがあるので、晴天の日は根元付近にやるようにします。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年8・9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402902020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (13)イチゴ

2020年09月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000361392020_01_136

宇宙のがっこう

2020年07月30日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)