趣味

ほろ苦く華やかな葉が魅力! リーフチコリーを育てよう


2020.08.08

撮影:渡辺七奈

色も形も華やかなリーフチコリーは、テラスの彩りにぴったりです。ほろ苦い葉は、まさに大人の味わい。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに、育て方のポイントを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

「リーフチコリー」と「チコリー」の違いは?

 

日本で「チコリー」といえば、10cmほどの小さなハクサイのような形をした野菜が知られています。これは、日光に当てずに軟白栽培した葉(新芽)の部分で、「軟白チコリー」とも呼ばれます。今回紹介する「リーフチコリー」は葉を収穫する野菜で、育て方が異なります。

 

色や形もさまざま

 

リーフチコリーは、レタスのように結球するもの、バラが咲いたように葉が巻くものなど形はいろいろ。色も赤、緑、斑入りなどたくさんの種類があり、気温の低下とともに葉色の変化を楽しめるものも。彩りを生かしてサラダで食べるほか、リゾットやパスタなどの加熱調理にも◎。見た目も鮮やかできれいなので、菜園の彩りを兼ねて育ててみましょう。

 

育苗中は暑さに注意

 

タネまきの適期は7~8月。暑い時期は、あらかじめタネを水につけ、根を出させてからまくと発芽率がアップします。また、育苗中は半日陰の涼しい場所に置くか、直射日光が当たるベランダなどでは、寒冷紗(かんれいしゃ)をかけて遮光するとすくすく育ちますよ。

 

深さ20cm以上を確保する

 

リーフチコリーの根は深く伸びるので、深さ20cm以上のプランターを選ぶのがポイントです。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年8・9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402902020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (13)イチゴ

2020年09月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000361392020_01_136

宇宙のがっこう

2020年07月30日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)