趣味

ナス栽培の最大のポイントは「3本仕立て」


2020.06.30

撮影:成清徹也

ナス栽培の最大のポイントは、主枝のほか、一番花より下で伸ばす枝を2本に限定して3本にすること。一番花より上のわき芽と、この3本から出るわき芽はすべて伸ばすため、十分に収穫できます。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、「3本仕立て」のコツを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

こうする

 

一番花(いちばんか/その株で最初についた花)の下のわき芽2つを残して、それより下のわき芽は摘み取る。わき芽は伸びると側枝になり、主枝1本+側枝2本を伸ばす「3本仕立て」となる。なお、一番花より上のわき芽と、3本の枝から出るわき芽は、株がある程度大きくなって体力がついているので、伸ばしてよい。

 

やらないと、どうなる?

 

株がまだ小さいうちに多くの茎葉を伸ばすことになり、株が疲れてその後の生育や実つきが悪くなる。株元の日当たりや風通しが悪くなり、病気や害虫が発生しやすくなる。株が大きくなったあとは、茎葉がグチャグチャに混み合って養分が分散され、実つきが悪くなったり、一つ一つの果実が小さくなったりする。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年6・7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000000162762020_01_136

サラリーマン川柳 とびきり傑作選

2020年06月10日発売

定価 1045円 (本体950円)

000069233842020_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる(後編) 

2020年05月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)