趣味

インゲンに発生しやすい「かさ枯病」とは?


2020.06.24

今月はインゲンの栽培をスタートできます。園芸病害虫防除技術研究家・農学博士の根本 久さんに、発生しやすい病気「かさ枯病」について、作付け前の予防法と詳しい症状、対策を紹介します。

 

*  *  *

 

どんな病気?

 

細菌による病気で、主に葉で発病します。初め赤褐色の微小な斑点が現れ、その周囲にぼんやりした「黄色のかさ(ハロー)」ができます。さらに進むと枯死した部分が拡大し、そのまわりに黄色い部分が残ります。インゲンマメで最も被害の大きな病害で、梅雨に発生しやすい傾向があります。

 

どうしたらいいの?

 

細菌による病気なので種子伝染を防ぐため、消毒されたタネをまき、連作障害が出ないように輪作します。もし発生した株を見つけたら直ちに抜き取って、畑の外に持ち出して処分します。病気が発生した畑には、早めに銅水和剤(コサイド3000、Zボルドー、ドイツボルドーAなど)などを株全体にかかるように散布します。なお泥はね防止のため、中耕や除草などの作業は晴天時に行いましょう。

 

防ぐには?

 

1 種子消毒された無病のタネをまく。

2 輪作(りんさく)して、インゲンを連作しないようにする。

3 雨による泥はね防止のため、敷きワラ、敷き草、ポリフィルムなどでマルチする。

4 野生クズ(葛)の近くでは栽培しない。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』連載「病害虫から野菜を守れ!」2020年6・7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402902020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (13)イチゴ

2020年09月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000361392020_01_136

宇宙のがっこう

2020年07月30日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)