趣味

“観る碁”ファンに贈る企画スタート!


2020.05.18

一力 遼 NHK杯選手権者 撮影:小松士郎

『NHK囲碁講座』2020年4月号の別冊付録は「平田智也の“観る碁”から始めよう!」。囲碁棋士のことはもっと知りたい、ネットでタイトル戦を観るのは好き、といった観ることを主体にした囲碁ファン=“観る碁”は、どんどん増えています! 4月からの『囲碁フォーカス』で講師を務める平田智也七段が、棋士の魅力、囲碁の魅力、そして対局の魅力を、“観る碁”ファンに贈る情報と知識が満載の企画です。全3回で、初回は、「NHK杯テレビ囲碁トーナメント」を徹底解説します! さあ、日曜日のお昼はEテレで“観る碁”アワーを楽しみましょう。

 

*  *  *

 

「芝野虎丸史上初の10代名人!」

 

昨年11月のニュースで囲碁を知った人も多いでしょう。その芝野虎丸名人も出場している「NHK杯テレビ囲碁トーナメント」をご存じですか? 日曜日の正午、NHKのEテレでは『囲碁フォーカス』が始まります。こちらの番組は、4月から私、平田智也が出演中なので、5月号で詳しくご紹介します。

 

『囲碁フォーカス』に続き午後0時30分からNHK杯が始まります。私、平田も第65回に初出場しました。イラストは1回戦の関西棋院の瀬戸大樹八段との対局でニギリをしているシーンです。奥に座っている二人は何をする人でしょう? 別冊付録に掲載のクイズに挑戦してみてください。

 09189042020_p00b_01

 

そして、もう一枚のイラストは解説室です。こちらも第67回大会で私、平田が解説を務めさせていただきました。司会の星合志保二段と楽しく解説できました。

 09189042020_p00b_02

 

対局は棋士が主役です。対局を見ていると棋士の打ち方や癖などがよく分かります。また、解説では、対局とは違った印象を受ける棋士もいます。

 

本誌で観戦記掲載の準々決勝の8人の棋士を紹介します。ぜひ、好きな棋士を見つけてください! 本稿では、平田七段の同門の後輩ながら、「今では立派になって、私が泣きそうです(笑)」という一力 遼(いちりき・りょう)NHK杯選手権者の項目をお届けします。

 

ニックネーム:不死鳥 一力 遼 NHK杯選手権者

 

一力の特長は何と言っても読みが正確なところ。この点は棋士の中でもトップクラスという評判だ。一力は「細かいヨセ勝負が苦手」と謙遜するが、そんな感じは見受けられない。聞いた話では、子どものころから四則演算はとてつもないスピードでできるらしい。計算能力の地力が圧倒的なのだろう。学業は早稲田大学へと進学。囲碁と学業を両立している数少ない棋士である。

 

趣味はテレビ視聴。クイズ番組などが好きなようだ。食事のほうは、院生のころから、一度にみそラーメンと和風つけ麺を食べてしまうほどのラーメン好き。さらに勝負メシでは、朝から焼き肉を食べるというところも若さがあふれている。

 

文:永代和盛 イラスト:柏原昇店

 

■『NHK囲碁講座』2020年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402912020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (14)カキ

2020年10月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000312162020_01_136

マルティナさんの カラフル糸で編むレッグウエア

2020年10月24日発売

定価 1870円 (本体1700円)

000000057102020_01_136

NHK連続テレビ小説 エール(下)

2020年10月30日発売

定価 1540円 (本体1400円)