趣味

今日覚えて、すぐ使える楽しい戦法! 阿久津主税八段の新講座開講


2020.05.08

撮影:小松士郎

阿久津主税(あくつ・ちから)八段はダイナミックな展開が多く、華麗な指し回しでファンを魅了してきました。そんな阿久津八段が講師を務める新講座「楽しく勝とう B級グルメ戦法」が2020年4月号よりスタート。今回のテーマは、王道ではないけれど破壊力と魅力を秘めた必殺技となる戦法です。今日覚えて、すぐ使える楽しい戦法が満載です。

 

*  *  *

 

B級戦法なんて聞くと、眉をひそめる人もいるかもしれません。確かにみんな王道の居飛車や振り飛車で勝てるならそうしたいはずです。

 

ですが「技が決まって勝つ爽快感は格別、アマチュアの皆様に自信を持ってオススメします」と語るのは新講師の阿久津八段。

 

今回の講座のコンセプトは“今日覚えて、すぐ使える楽しい戦法!”です。

 

阿久津八段は「きっとプロ棋士もみんな、子どもの頃にB級戦法をたくさん指したはずです。自分も技をかけたり、かけられたりして強くなりました」とほほ笑む。まさに“楽しく勝とう!”ですね。

 

本講座で紹介するB級戦法はほとんどが「攻め」に重きを置いた戦法です。飛車、角、桂馬、ダイナミックに動く駒が大活躍し、作戦によっては開始20手で決まりというものも珍しくありません。

 

聞き手を務める加藤女流三段は「私はB級戦法をあまり使ったことがありません。どうやったら攻めが繋(つな)がるのか、私の知らないどんな派手な技が出るのか今からとても楽しみです」と目を輝かせる。

 

B級戦法の歴史は江戸時代にまで遡るものもあり、多くの勝負やエピソードに彩られており、それゆえにとてもユニークな名前のついた戦法も少なくありません。

 

「両取りなど気持ちのいい決め方も多いし、受け手に巧妙な手筋もでてきたりする。本講座を勉強することで、中終盤の棋力向上にもつながると思います」と阿久津八段。

最近はプロ公式戦で奇襲戦法をみることなどはめっきり減ってしまいましたが、だからこそアマチュア大会や将棋道場では効果的でしょう。なんといっても“今日覚えて、すぐ使える”のですから。いつもあと一歩で勝てないあの人への秘策を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

加藤女流三段も「スピード感満載の戦法たちを学べるなんて、とてもわくわくします。皆さま一緒に勉強しましょう」とうれしそう。

 

この講座をご覧になった方は、昨日より将棋が楽しくなること間違いなし。B級グルメ戦法、存分にお楽しみください!

 

※4月号では「鬼ごろし」「パックマン戦法」など居玉系の奇襲戦法を解説しています。

 

■『NHK将棋講座』2020年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000061992922020_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション 着心地かろやか 手縫いのおとな服

2020年05月21日発売

定価 1430円 (本体1300円)

000000162752020_01_136

NHK俳句 暦と暮らす

2020年04月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000162742020_01_136

NHK将棋シリーズ 菅井竜也のやんちゃ振り飛車

2020年04月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)