趣味

ベランダでイモ掘りできちゃう! サツマイモの袋栽培


2020.05.31

撮影:渡辺七奈

野菜用培養土の袋を使ってサツマイモ栽培に挑戦します。プランターがなくてもOK! 園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに育て方のコツを伺いました。

 

*  *  *

 

カバーをかけて育てる

 

透明度の高い培養土袋は、日光を当てると袋の中にコケが生えたり、土の温度が上がりやすくなったりするのでカバーをかぶせて遮光。好みの色柄のカバーをかぶせれば、見た目もおしゃれです。カバーの素材は、培養土袋のサイズに合わせて大きさを調整でき、紫外線に当たっても色あせにくい、撥水タイプのテーブルクロスがおすすめ。厚手のショッピングバッグや麻袋などでも。

 16501042020_p104_01

 キャスター台にのせよう

 

袋のまま手で持って移動させると、中の土が動いて根が傷みやすいので、キャスターつきの台にのせておくと安心です。大雨や台風のとき、雨の当たらない軒下などへ移動させやすく、地面からの輻射熱も伝わりにくいので生育もよくなります。

 

追熟させて甘く!

 

でんぷん質の多いサツマイモは、収穫後3~4週間おいて追熟させると甘みが増してよりおいしくなります。追熟させる場合は、掘り上げたイモの表面をよく乾かし、水洗いせずに新聞紙に包み、15℃前後の常温で保存しましょう。

 

初心者でも育てやすい

 

培養土さえあれば、すぐにスタートできる袋栽培。プランターを持っていない方にもおすすめです。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年4・5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402902020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (13)イチゴ

2020年09月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000361392020_01_136

宇宙のがっこう

2020年07月30日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)