趣味

生活の中のアクセントに 休憩にいただく一服の薄茶


2020.03.29

縁側で薄茶を味わう小河さんと若い庭師たち。「薄茶は本当においしい。もう一服いかがですかと聞かれたら断ったりしませんよ。二服目がまたうまいんです」(小河さん) 撮影:竹前 朗

お茶は茶室でいただくものとは限りません。毎日の生活のさまざまな場面にお茶を取り入れることができます。仕事場でお茶を楽しんでいる庭師の小河正行さんを紹介します。

 

*  *  *

 

茶庭の手入れの合間に

 

冬のやわらかい光の中、京都・西方尼寺(さいほうにじ)の庭を手入れしている小河正行さんと若い庭師たち。午後三時になると「どうぞ一服なさってください」と、寺で茶道を学ぶ女性がお菓子と薄茶を運んで来てくれました。

 

「ありがとうございます。遠慮なくいただきます」と明るく返事をして、小河さんは弟子の重森紀人さんと立花彩さんを呼び、縁側に腰かけました。薄茶をのむ姿も様になっています。庭師になった当初、親方に言われて始めた茶道でしたが、小河さんは今でも月に二回お稽古に通っています。

 

「自分がお茶をやってみて初めて、つくばいや石の寸法や配置の妙がわかる、露地の大切さが実感できる。だから若い庭師にもお稽古をすすめます」

 

重森さんは庭師になる前から茶道のお稽古に通い、茶名も取得しました。立花さんも祖母が茶道をしていたため、茶庭には親しみを感じています。

 

お茶の先生の庭を任されることの多い小河さん。「三時に薄茶を出してくれる先生も珍しくないですよ。仕事の合間にいただくお薄は格別で、もうひと頑張りの元気が出ます」

 

施主と一緒につくる茶庭

 

裏千家の桐蔭(とういん)席の露地をあずかる小河さんは、自分の仕事は茶庭だけと決めています。といっても「露地はこうあるべき」とこだわることなく、小河さんは施主とよく話し合い、その人が望む茶庭を一緒につくりあげます。

 

「露地は一年中同じ景色がいいといいますよね。でも、おもてなしの形は施主によって違うし、自分好みの庭なら施主も愛着がわく。だからそれを形にして、日常の手入れ方法をアドバイスして庭を大切にしてもらいます」

 

小河さんの匠の技と温かい人柄がお茶人との信頼関係を生み、ごく自然に薄茶一服のもてなしにつながるのでしょう。

 

■『NHK趣味どきっ!茶の湯 裏千家 心通わすお茶』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000061992922020_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション 着心地かろやか 手縫いのおとな服

2020年05月21日発売

定価 1430円 (本体1300円)

000000162752020_01_136

NHK俳句 暦と暮らす

2020年04月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000162742020_01_136

NHK将棋シリーズ 菅井竜也のやんちゃ振り飛車

2020年04月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)