趣味

新しい魅力に注目 オーナメンタルグラス


2019.12.03

グラスにLEDイルミネーションライトを取りつけて、冬の庭やベランダにやさしい光を。クリスマスのシックな彩りにも。撮影:田中雅也

わずかな風にもそよぎ、光にきらめく姿は美しく、雨露が葉に残る眺めは味わい深い。さりげなく自然を感じさせてくれるオーナメンタルグラス。冬の立ち枯れた景色もすてきです。最近はモダンでスタイリッシュな雰囲気づくりに使われ、新しい魅力が注目されています。東京農業大学グリーンアカデミーの大出英子(おおいで・えいこ)さんに、その特徴を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

オーナメンタルグラスって?

 

シャープなラインの美しい葉をもち、観賞性の高いイネ科やカヤツリグサ科などの植物を「オーナメンタルグラス」と呼びます。常緑性のもの、紅葉して落葉するものなどがあります。

 

主な種類は、ふんわりしたスティパ、葉が細くしなやかなカレックス、すらりと穂が立ち上がるパンパスグラスなど。それぞれ草姿に特徴があります。

 

葉色も種類によってさまざまで、斑入りやブルーやイエロー系などがあります。

 

モダンな新しい美が生まれる

 

ナチュラルガーデンや寄せ植えのわき役に使われることが多いオーナメンタルグラス。最近は都会のモダンな建築の植栽にも使われ、無機質なコンクリートや金属などの素材にも意外と調和。都市景観づくりの視点からも注目され始めています。

 

欧米でも近年、庭園や公共スペースの植栽にオーナメンタルグラスがよく見られます。グラスのフォルムと質感を生かした植栽が、おしゃれで心地よい空間を生み出しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2019年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162712019_01_136

日本歌人クラブアンソロジー 2019年版 現代万葉集

2019年11月11日発売

定価 3143円 (本体2857円)

000000162722019_01_136

NHK将棋シリーズ 深浦康市の振り飛車なんてこわくない

2019年11月14日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)