趣味

この秋絶対植えたい! 球根ベスト3


2019.10.09

アリウム・ギガンチウム。5月下旬〜6月上旬に開花。大型種の定番で、直径10〜18cmのボール状につく花は圧倒的な存在感。切り花にしても楽しめる。撮影:福田稔

球根栽培歴65年の園芸研究家、小森谷 慧(こもりや・さとし)さんが選ぶこの秋イチ押しの秋植え球根をご紹介します。

 

*  *  *

 

丈夫で育てやすく種類も豊富

 

11月は、秋植え球根の植えつけ適期。いつもと違う球根にチャレンジしたい人、初めて球根を育てる人におすすめのベスト3は、アリウム、ヒアシンス、スイセン。

 

いずれもおなじみの秋植え球根ですが、根強い人気の定番品種に加え、より豪華な花形、鮮やかな花色を求めて進化した最新品種から、野趣あふれる原種系、原種まで幅広い種類がそろい、選ぶ楽しみが味わえます。

 

また、丈夫で育てやすく、庭に植えっぱなしにして毎年楽しめる点も、おすすめする理由の一つ。一度植えつければ、早春の芽出し、春から初夏の花、花後の葉姿、夏の休眠と、自然のサイクルを毎年演出してくれます。

 

お気に入りの1球を見つけて、さっそく球根を植えてみましょう。

 

アリウム

 

ニンニクやネギの仲間。ネギ坊主に似た花姿と存在感は、初夏の花壇の主役にも。花茎が長い切り花でも人気の大型種から、花茎の短い小型種まで品種が豊富。水はけのよい庭なら植えっぱなしで楽しめる。

06457102019_p058_01

アリウム・ギガンチウム。撮影:福田稔

 

 

ヒアシンス

 

暑さに強く寒さにも強い。豊富な花色と強い香りが魅力。ダッチヒアシンスは球根が分球しにくい。フェスティバルシリーズは丈夫で分球しやすく自然にふえる。原種のローマンヒアシンスは貴重な存在。

 

06457102019_p058_02

ダッチヒアシンス。撮影:入江寿紀

 

スイセン

 

ニホンズイセンをはじめ、秋植え球根の定番。丈夫で育てやすく、初心者にもおすすめ。種類が多く、豪華な八重咲きや、カップがピンク色の品種も人気。個性的な原種系にもチャレンジしてみよう。

 

06457102019_p058_03

‘アプリコット・ホイール’。撮影:丸山滋

 

※それぞれの育て方はテキストに掲載しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2019年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162712019_01_136

日本歌人クラブアンソロジー 2019年版 現代万葉集

2019年11月11日発売

定価 3143円 (本体2857円)

000000162722019_01_136

NHK将棋シリーズ 深浦康市の振り飛車なんてこわくない

2019年11月14日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)