趣味

「冬越し野菜」ってどういうもの?


2019.10.13

撮影:栗林成城

寒さを味方に、じーっくり育てて味わい深い冬越し野菜。そもそも、「冬を越す」というのはどういうことなのでしょうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに伺いました。

 

*  *  *

 

「冬越し野菜」ってどういうもの?

 

冬越し野菜とは、秋に植えつけ、またはタネまきをして、翌年の春以降に収穫するもののうち、寒さが必要な野菜です。寒さを避けるのではなく、むしろ生育のためには寒さにしっかり当てないといけないので、トンネルシートで覆うなどの防寒はせず、自然な状態で育てる必要があります。冬の寒さを乗り切って春に生育が進むと、おいしく充実した野菜に育ちます。

 

冬越し野菜には、どんな種類があるの?

 

「冬越し」といっても、ただ冬の期間に畑にいる野菜ではありません。ひとつは先に述べた、寒さに当たって花芽(はなめ)ができるもの。寒さにしっかり当たらないと花の数が少なく収穫量が減ります。それがイチゴ、エンドウ、ソラマメなどです。

 

もうひとつは夏に休眠するため、その前に、球に養分を蓄えて太るもの。肥大した球を食用にするタマネギ、ニンニク、ラッキョウなどです。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年10・11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)