趣味

バスケットがオシャレ♪ イチゴの壁掛け栽培


2019.10.26

壁掛け栽培は、バスケットと赤い実の組み合わせもかわいい。撮影:渡辺七奈

水はけと通気性のよい土が大好きで、実が垂れ下がってつくイチゴの特性を生かした栽培方法です。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

見た目もキュート バスケットの壁掛け栽培

 

イチゴの根は酸素が大好きなので、通気性と排水性のよい壁掛け栽培にぴったり。高い位置で栽培することで、日当たりや風通しがよくなるメリットも。

 

ハチが飛び始めると実がつきやすくなる

 

ミツバチが活動的になるのは、気温が20℃を超えてから。イチゴの花は気温25〜27℃で最も受精しやすくなります。ミツバチが飛び始める前に咲いた花には実がつかないことも。ウメやミツバチを観察すると、イチゴ作りが上手になりますよ。

 

近所のウメの開花をチェック

 

秋に植えつけたイチゴは、冬を寝て過ごし(休眠)、同じバラ科のウメの花が咲くころに目を覚まします。休眠明けは、甘くておいしい実をならせるのに大事な追肥のタイミング。近所に目安になるウメの木を見つけておきましょう。

 

※詳しい栽培方法はテキストに掲載しています。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年10・11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)