趣味

「あの手紙がなければいまの自分はなかった」


2019.08.28

撮影:河井邦彦

平成の将棋界はどのように動いてきたのか。平成の将棋界をどうやって戦ってきたのか。勝負の記憶は棋士の数だけ刻み込まれてきた。連載「平成の勝負師たち」、2019年8月号には井上慶太(いのうえ・けいた)九段が登場する。

 

*  *  *

 

勝利は目前だった。これでようやく昇級することができる。

 

平成元年3月7日、6期目のC級2組順位戦。8勝1敗の井上は昇級圏内で最終局を迎えた。相手は形作りとも言える竜の王手。残り3分から一分将棋になるまで考えて持ち駒の金を打ちつけた―。

 

大ポカだった。金は寄せに残しておかなければならなかった。それによって相手玉が詰まなくなってしまい、ほぼ手中に収めていた勝利と昇級がこぼれ落ちる。

 

大逆転負けを喫した井上は結果、4位の次点で涙をのむことになった。悔しさをごまかすように朝まで飲み明かす。

 

後日、自宅に速達で郵便が届く。差出人は兄弟子の谷川浩司九段だ。棋士室で観戦していたが、いたたまれなくなって先に帰らせてもらったこと。そして「報われない努力はない」と綴(つづ)られていた。

 

井上は「あの手紙がなければいまの自分はなかった」と振り返る。

 

順位戦の不運

 

プロデビューは1983年。人懐っこいルックスから「キューピー」という愛称で先輩棋士からかわいがられた。新人王戦で優勝し、王座戦では2年続けてベスト4に入るなど、順調にステップアップしているようだったが、順位戦ではC級2組で足踏みが続いていた。

 

「順位戦で昇級できずに行き詰まりや焦りを感じていました。当時は自分の将棋に自信が持てず、一分将棋になると『ミスが出るんじゃないか』と不安な気持ちになっていました。スポーツ選手でいう、イップスのようなものですね」

 

翌年の順位戦は7勝2敗で最終戦を迎えた。この年は自力ではなく他力の4番手という状況。前年のような重圧はなく、伸び伸びと指すことができた。

 

8勝目を挙げて感想戦をしていると、対局室の襖(ふすま)がばっと開いた。先崎学九段が近づいてきて「井上さん、あがりましたよ!」。競争相手が敗れたことで井上に昇級が転がり込んできたのだ。「あのときはうれしかったですねぇ」と井上は述懐する。曇っていた棋士人生の視界に、ようやく晴れ間が見えた気がした。

 

C級1組では2期目に9勝1敗の好成績ながら、またしても次点に泣く。8連勝で迎えた9回戦に敗れたところで昇級の可能性そのものが消滅していた。

 

「最終戦を頑張ろうと思っていたので呆(ぼう)然としましたね。春に結婚が決まっていて、昇級もと考えていたんですけど……。甘かったですねぇ(苦笑)」

 

※続きはテキストでお楽しみください。

 

■『NHK将棋講座』2019年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000162692019_01_136

体感訳 万葉集

2019年07月25日発売

定価 1404円 (本体1300円)