趣味

とれすぎたトマトは煮て保存しよう!


2019.08.10

ミニトマトのサッと煮 撮影:神林 環

いよいよ収穫のとき。丹精込めたトマト、キュウリ、ナスが立派に実った姿を見ると、なんとも幸せな気分になります。とはいえ、次から次へと実っていくので、食べるのが追いつかないことも。野菜料理家の庄司いずみさんが教えてくれた保存方法は、下ごしらえを兼ねているのですぐ料理に活用でき、時短にもなります。

 

*  *  *

 

トマトは煮て保存する

 

トマトは丸ごとで冷凍して保存もできますが、簡単でシンプルな「サッと煮」もおすすめ。パスタやオムレツ、スープなどいろいろな料理に活用できます。

 

ミニトマトのサッと煮

 

〈材料・作り方〉(作りやすい分量) 出来上がり量 約カップ2

 

1  ミニトマト30コ(300g)はへたを除き、へたの近くにつまようじで浅く穴を1つあける。沸いた湯に5~6コずつ、5~6秒間くぐらせて冷水にとる。穴のあたりから皮をむいて、水けを切る。

 

2  鍋にオリーブ油小さじ1、ニンニク(みじん切り)1かけ分を入れて中火にかける。

 

3  香りがたったらミニトマトを加えてサッと炒め、塩小さじ1/2 、しょうゆ小さじ1、黒コショウ(粗びき)小さじ1/4を加えて炒める。バジルの葉(生/粗みじん切り)1~2本分(6g)を加えて混ぜ、火を止める。

 

※粗熱が取れたら清潔な保存容器かジッパー付き保存袋に入れ、冷蔵で約5日間、冷凍で約2週間保存できる。

 

サッと煮を使って 厚揚げステーキのトマト添え

 

厚揚げをカリッと焼いて、温めた「ミニトマトのサッと煮」をかけるだけ。ミニトマトをつぶして、厚揚げにからめながらどうぞ。

16501082019_p027_01

 

※テキストでは、厚揚げステーキのトマト添えの詳しいつくり方はもちろん、ナスやキュウリの保存方法&アレンジレシピを紹介しています。ぜひご活用ください。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年8・9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)