趣味

野菜の残渣を有効利用しよう


2019.08.31

穴が小さい場合や、残渣が少ない場合は、あらかじめ葉は幅5cmくらい、太い茎はさらに小さくハサミで切る。撮影:阪口 克

栽培が終わった後の残渣(ざんさ/野菜くず)の後片付けには頭を悩ませがち。ゴミを出さずに再利用する方法を、体験農園園主、東京都指導農業士の加藤正明さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

穴を掘って残渣を入れ、分解させて堆肥にするべし!

 

深さ70~80cmの穴を掘る

 

野菜の残渣は捨てずに堆肥にすれば、ゴミに出さずに再利用ができますよ。まずは深さ70~80cmの穴を掘りましょう。そこに残渣を入れて分解させます。このとき、分解を早めるため「できるだけ細かくする」ことと、少し水分があるほうが分解しやすいので「カラカラに乾燥させず、生のまま投入する」ことがポイントです。

 

残渣を細かくするときは、少量ならハサミで細かく切るか、たくさんある場合は、穴に入れたあと、スコップを突き刺して細かく砕きます。分解しにくい茎部分は、特に細かくしましょう。

 

石灰や米ぬかで分解を早める

 

穴に入れたあと、残渣に米ぬかや苦土石灰(くどせっかい)をまき、足で踏んで密着させると分解がスピーディーに進みます。残渣が出るたび次々に投入し、穴がいっぱいになったら土をかぶせて放置します。その後3年ほどすると、中の残渣は有機物たっぷりの堆肥に。土壌改良の資材として有効利用できます。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年8・9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000162692019_01_136

体感訳 万葉集

2019年07月25日発売

定価 1404円 (本体1300円)