趣味

プランターの土は続けて使ってもよいの?


2019.09.11

熱湯消毒するには、二重にしたポリ袋に土を入れ、全体が湿るくらいの量の熱湯を回しかける。撮影:渡辺七奈

春夏野菜の収穫が一段落したら、次は秋冬野菜。プランターの古い土は捨て、新しい土を用意する必要はあるのでしょうか。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに伺いました。

 

*  *  *

 

いいえ、そんなことはありません。春夏野菜に病気や害虫が発生していなければ、育てた土が使えますよ。ただし、連作障害が出ないように、別の「科」の野菜を植えることが望ましいです。根鉢(ねばち)を崩して根を取り除き、葉やゴミなども取り除いてから、堆肥や市販のリサイクル材を混ぜ、元肥(もとごえ)を加えて使いましょう。

 

病気や害虫が発生してしまった場合は、堆肥や元肥などを混ぜる前に、熱湯消毒を行います。根やゴミ、虫などを取り除いた土を、二重にしたポリ袋に入れ、土全体が湿るくらい熱湯を回しかけます。袋の口を縛り、60℃以上をしばらく保ちます。さらに、真夏の直射日光が当たる場所に2〜3日置くと、消毒の効果が高まります。土の温度が下がってから、堆肥などを加えましょう。病気や虫の発生がなくても、1年に1回程度、この消毒を行うと、よい状態で土を使い続けられます。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年8・9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1430円 (本体1300円)