趣味

生地が膨らみにくい、焼き色がうまくつかない……パンづくりのQ&A


2019.07.17

手づくりベーグルはいかが?

パンをつくってみて気になるあんなこと、こんなこと。わき出る疑問をパン教室を主宰する遊佐晶子(ゆさ・あきこ)さんにぶつけてみました。

 

*  *  *

Q 焼いたパンのおいしい食べ方はありますか?

 

A 温め直しをするのがおすすめです。コッペパン、ベーグル、クロワッサンは、オーブントースターを2 分ほど温めてから30 秒焼き、加熱を止めてそのまま2分おいて余熱で温めましょう。あんパン、クリームパンは、600W の電子レンジに20 秒かけます。

 

Q パンは冷凍できますか?

 

A できます。焼いてから時間がたつと、だんだん生地が堅くなるので、すぐに食べない分は早めに冷凍しましょう。ラップに包み、冷凍用ポリ袋に入れて冷凍庫へ。自然解凍させてから、温め直しをします。

 

Q 生地が膨らみにくい感じがします

 

A 室温が低いと、生地の膨らみは遅くなります。今回のレシピは室温25℃くらいを想定していますが、もっと室温が低い場所や寒い季節につくる場合は、成形後に休ませる時間を長くするか、熱湯&ポリ袋であったか発酵法(下記参照)を試してみてください。また、生地にかけたぬれ布巾が乾いてしまうと、湿度が維持できず膨らみにくくなります。エアコンがあたる場所など、乾燥しがちな場所に置かないようにしましょう。

 

寒い時期におすすめ! 熱湯&ポリ袋であったか発酵法

 

成形した生地を天板にのせて休ませる際に、1L分の熱湯を耐熱のカップなどに分けて入れ、天板とともに大きなポリ袋に入れて口をとじ、20 分おきます。湯をカップに分けるのは、天板を囲むように置くため。こうすると全体が温まります。

あったか発酵法

 

Q 焼き色がうまくつかないときはどうしたらよいですか?

 

A オーブンの機種によって、焼き上がりに多少の差は出ます。一度レシピどおりに焼いてみて、オーブンのくせを知り、温度調整してみましょう。もしも焼き色が薄かった場合は、次から10℃上げ、焦げるようなら10℃下げてみてください。また、設定温度を維持するために、庫内の開け閉めを手早くすることも大切です。

 

※テキストにはコッペパンやあんパン、ベーグルなど、遊佐さんのパンレシピを掲載しています。

 

■『NHK趣味どきっ! もっと知りたい! つくりたい! パンのある幸せ』より

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)