趣味

「何のための草刈りなんだ?」 ハーブ畑の除草をやめた那須高原の浜津さん


2019.06.26

撮影:栗林成城

那須岳のすそ野に広がる栃木県那須高原。畑と林に挟まれた小道をやってくるのは、浜津伸生さんです。ハーブと野菜を育て、ブレンドしたハーブティーは都会のマルシェでも大人気。でもその「畑」は草ぼうぼう!? 自然を生かしたこだわりの畑を案内してもらいました。

 

*  *  *

 

「何のための草刈りなんだ?」

 

「これがラベンダーでこっちがレモンバーム。畝(うね)が草だらけで、どれがハーブかわからないでしょ」。そう言って笑う浜津さんは、5000坪の畑で年間50種類のハーブを育てています。以前は除草と施肥(せひ) をしていましたが、今はどちらもしない自然栽培。きっかけは草を見る目の変化でした。

 

「冬、霜柱に持ち上げられてハーブの根が露出したり、表土が風で飛ばされたりすることに悩んでいたとき、草の生えた田の縁には霜柱が立たず、土も飛ばされないことに気づいたんです。飼い始めたヤギのエサに草刈りをしていたら、傾斜した畝の上下で草の種類が違うことも発見し、草にも何か意味があるのかなと考え始めたんですよ」

 

それでも除草はしていた浜津さんを、ある出来事が変えました。「その日もバッタを蹴散らしながら草刈り機をかけていたのですが、ふと振り向いた瞬間、手が止まってしまったんです。そこにはまるで芝生のように人工的な畑。それを見たら、なぜこんなことをしているのかわからなくなっちゃって。虫のすみかを奪って、何のための草刈りなんだ?って」。

 

以来、浜津さんは草を生やしています。春には背の低いタンポポ、夏にはイネ科やキク科の草が伸び、秋にはそこにマメ科の草が巻きつきます。その草を少しよけて、浜津さんはハーブを植えます。「草刈りは、ハーブの日当たりを遮るところだけ。刈り草は畝に置き、ヤギやニワトリのふんをのせます。分解されて植物の養分になるのを待つんです」。冬には、草の根がしっかり張って、土の飛散を防いでくれます。

 

※後半はテキストでお楽しみください。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年6・7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)