趣味

井山のAI流、羽根のこだわり


2019.04.27

左/井山裕太 NHK杯、右/羽根直樹九段 撮影:小松士郎

第66回 NHK杯戦も準々決勝。今回は第2局の井山裕太NHK杯(黒)と羽根直樹九段(白)戦の序盤の展開を、丹野憲一さんの観戦記から紹介する。

 

*  *  *

 

井山のAI流 羽根のこだわり

 

対局前の控え室は、4月から棋士になる仲邑菫(なかむら・すみれ)さんの話題で持ちきりだった。

 

彼女の成長はまさに日進月歩で、4月のデビュー戦の相手が誰になるのか、関西の棋士たちは戦々恐々としているというのが、もっぱらのうわさだ。井山裕太NHK杯や羽根直樹九段とNHK杯で戦う日が訪れるのは、ほんの2、3年先かもしれない。

 

仲邑さんと1月、早々に記念対局を定先で戦った井山。対局を振り返って「途中、ずっと白がよくないと思っていました。互先でもいい勝負の場面もありました」と、その強さを認めていた。

 

その記念対局にも現れたように、AI流の打ち方が今や主流とも言える中、羽根はかたくなに自分からはAI流布石を打とうとはしない。2回戦、3回戦ともに、今では懐かしいとも言える「小目からの小ゲイマジマリ」を打ち、最新の打ち方はどこ吹く風とばかりに勝ち抜いてきた。

 

一方の井山は「ダイレクト三々」など、最先端のAI流を駆使して準々決勝まで駒を進めてきた。

 

両者の対戦成績は井山の14勝10敗と、それほど差はない。しかし、井山が羽根から碁聖を奪い、羽根が無冠となった2012年以降は、井山が10勝2敗と大きく勝ち越している。そして昨年の準々決勝でも井山は羽根を破り、その勢いのまま連覇を成し遂げた。羽根はタイトル挑戦には届いていないが、各棋戦で好調を維持している。このあたりで何とか、井山に一矢報いたいところだ。

09189042019_p048_01

 

AI流から築いた黒模様に、羽根が深々と打ち込む

 

仕掛ける棋風の井山に対し、じっくり持久戦に持ち込むタイプの羽根。序盤から両者の特徴がよく表れた進行になる。

 

黒5のカカリに手抜きして放たれた白6。3戦連続となる羽根の小ゲイマジマリからは、AI流に惑わされず我が道を行くという強い信念がうかがえる。

 

解説の村川大介八段は、本誌の今月号より別冊付録で「AI流はこわくない」を連載している。村川八段が「羽根九段の打ち方は、AI流対策のお手本となりますので、参考にしてください」と言うとおり、本局は井山のAI流布石に対し、羽根が従来の打ち方で対抗するという展開となった。

 

黒7のカケからがAI流だ。黒15に白はAのハネではなく白16とじっくりノビ、井山の勢力対羽根の実利という構図が固まった。

 

白18のカカリに対し、ほとんどの方はBなどの受けやCなどのハサミに目がいくであろう。しかし村川八段が「間違いなくツケノビます」と断言したとおり、井山は黒19、21とツケノビた。19路を打ち始めたばかりの方が打ちそうな手だが、これもAIによって見直された打ち方だ。

 

※終局までの棋譜と観戦記はテキストに掲載しています。

※肩書・年齢はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK囲碁講座』2019年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)