趣味

結城 聡九段と井山裕太NHK杯、垂涎の黄金カード


2019.04.08

左/結城 聡九段、右/井山裕太NHK杯 撮影:小松士郎

第66 回NHK杯3 回戦 第8 局は結城 聡(ゆうき・さとし)九段(黒)と井山裕太(いやま・ゆうた)NHK杯(白)の好カードとなった。佐野真さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。

 

*  *  *

 

垂涎の黄金カード!

 

本棋戦で3期連続3回目の優勝を目指す井山裕太NHK杯にとって、2018年は前半と後半とで状況が一変した一年だった。

 

棋聖、十段、本因坊と順調に防衛を重ね「全七冠保持は当分続きそうだ」と誰もが思っていたはずである。しかし、夏場の碁聖戦で許家元にまさかのストレート負けで失冠すると、その後の名人戦でも張栩に3勝4敗で敗れた(その後の王座戦と天元戦では防衛)。

 

対するは、本棋戦での優勝5回という絶大な実績を誇る結城聡九段。NHK杯での通算勝利数71は趙治勲名誉名人の77勝に次ぐ2位で(ちなみに井山は33勝で20位)、今期も当然のようにベスト16まで勝ち上がってきた。

 

連覇を狙う第一人者と、NHK杯との抜群の相性を誇る実力者。まさにファン垂涎(すいぜん)の好カードと言うべき一局。ともに屈指の剛腕とあって、解説の石田秀芳二十四世本因坊は「ただごとでは済まない碁になるでしょう」と予言した。

 

見慣れないワカレ

09189032019_p066_01

 

NHK杯で通算30勝以上を挙げている棋士の中で、勝率が7割を超えているのは三人のみ。本局の両対局者と張栩名人であり、全員が7割5分を超える高い数字だ。一流棋士だけが集う本棋戦においてのこの数字は驚異的で、特に結城が成し遂げた、第56回から61回にかけての「6年間で5回の優勝」は不滅の大偉業である。

 

同じテレビ棋戦である竜星戦でも、優勝と準優勝を2回ずつ果たしており、井山との通算対戦成績が6勝18敗であるにもかかわらず、NHK杯に限ると2勝0敗で、それが第57回と60回の決勝であるという点からも、いかにテレビ早碁を得意としているかが分かる。

 

白16に対し1図、黒1のオサエなら普通で、白6までが定石とされている。しかし結城は「黒が甘い」と認識しているようで、黒17の引きとなれば白18から黒27までは必然の進行である。
09189032019_p066_02

続いて解説の石田二十四世本因坊は2図、白1のツギを予想。黒2に白3とハジいて「白5をコウダテとするのでは」と語っていたが、黒aと対応されたあとの帰結が不透明ということで、実戦の井山は白28と隅を備えて我慢―黒が29と切るワカレとなった。 09189032019_p066_03

※終局までの棋譜と観戦記はテキストに掲載しています。

※肩書・年齢はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK囲碁講座』2019年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1430円 (本体1300円)