趣味

カブの形がいびつに……原因と対策


2019.03.11

いびつな形になってしまったカブ(左側)。土の水分量が適切でなかった可能性がある。撮影:内藤正明

形の悪いカブができてしまったという千葉県のSさん。原因を園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんにうかがいました。

 

*  *  *

 

いくつかの原因が考えられます。カブは最初に根が下に向かって縦に伸び、その後、根部(胚軸と根)が肥大して丸い形になります。根部が肥大する時期に水分や肥料が不足すると、十分に太れず、長い形になりがちです。水分不足は、肌のつやを悪くし、カブのみずみずしさを損なう原因にもなります。さらに、株間が狭い場合も、うまく太れません。

 

その一方で、土の過湿もカブの形を悪くします。酸素が不足して根が傷み、大きくなれなかったり、いびつな形になったりするのです。特にプランター栽培では、水の与えすぎによって、プランターの底のほうに水が残ることがあるので注意しましょう。また、乾燥と過湿が何度も繰り返されると、病気になったり、表面がカサカサになりやすくなります。

 

次に作るときは、水はけと水もちのよい土を選び、乾燥や過湿にならないように注意しましょう。

 

適期に適切な間隔に間引き、間引き後は株がぐらつかないように土寄せすることも大切です。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年2・3月号 より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)