趣味

憑き物? 宗教? あらがえない将棋の魅力


2019.02.02

『NHK将棋講座』2019年1月号掲載のNHK杯観戦記には、一回戦で藤井聡太七段を破った今泉健司四段が登場しています。観戦記者の後藤元気さんが、注目を集めた本局を振り返りました。

 

*  *  *

 

今月号のNHK杯戦も好カードがめじろ押しでしたが、そのなかで結果ともども光り輝くのは、A級棋士の深浦康市九段を破った今泉健司四段の奮闘ぶりでしょう。

 

今泉四段は1回戦の藤井聡太七段戦に続き、下馬評を覆しての勝利。旋風を巻き起こしています。

 

この対局の観戦記者は上地隆蔵さん。本文にもあるようにお二人は奨励会入会が同年、同期(正確には今泉さんは研修会からの編入) でした。同期というのは何をするときも一緒になりやすいので、将棋を指したり麻雀(まーじゃん)を打ったり、まあ戦友であり悪友でもありという感じでしょうか。

 

終局後の控え室で上地さんは、「今日の戦型は昔から指されている対抗形で、奨励会時代の今泉―上地戦みたいやったな」と笑っていました。

 

どちらも奨励会を退会し、今泉さんは飲食系のサラリーマンから介護士になり、その後にセカンドチャンスをつかんでプロ棋士に。上地さんも一度は車系の会社に勤めたものの、現在は将棋の文章を中心に書くライターになっています。

 

同じく奨励会を退会した自分もそうなのですが、一度なにかのタイミングで将棋というものがスッと体に入ると、何をするにしても将棋を中心に考えてしまう(ようになる) 人がいます。プロ、アマや棋力の強弱はたぶん関係なく、呼吸をするのと同じように、気づいたら将棋に寄り添ってしまっているんです。

 

ある人はそれを宗教に、ある人は憑(つ)き物(もの)に例えたりしていました。どちらも合っているようで、ちょっと違うような気もします。

 

そもそも「将棋」とは何なのか。人の心に、世間にどういう影響を及ぼすものなのかと考え出すと、あまりに茫洋(ぼうよう)としていて気が遠くなりそうです。まあ、ゆっくりと取り組んでいくしかないですよね。

 

■『NHK将棋講座』2019年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)