趣味

コチョウランを着生栽培するとここが違う! 3つのメリット


2019.01.05

コチョウランをつけた流木を四角い鉢に入れて楽しむ。コチョウランの生き生きとした花色や緑色の葉と自然の流木に、人工的な質感の鉢が加わり、互いを引き立て合う。撮影:田中雅也

コチョウランを流木に着生させてみましょう。原生地の株を連想させる自然な姿に生まれ変わります。その株を個性的な鉢と組み合わせると、さらにイメージ一変。園芸研究家の富山昌克(とみやま・まさかつ)さんに着生栽培のメリットを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

コチョウランはギフトによく用いられ、豪華な花というイメージがあります。特に大株は白、ピンク、黄などの美しい大輪花がたくさん咲き、蝶の乱舞を連想させ、華麗そのものです。

 

しかし、育てるなら、草丈10~30cmほどのミニからミディサイズがおすすめ。扱いやすいサイズなので、株を着生させる作業も容易に行え、また寒さに比較的強く、育てやすい種類が多いのが特長です。着生栽培のメリットは大きく分けて次の3つです。

 

1 根が傷みにくく、元気に育つ

 

コチョウランは「着生ラン」の仲間で、原生地では樹木の幹や枝の表皮に根を張って成長しています。自宅で栽培するときも流木やコルク板、ヘゴ板などに着生させると、根が空気に触れて、過湿による傷みが少なく、株が丈夫に育ちます。また、コチョウランの根には葉緑素があり、光が当たることで、生育がよくなります。

 

2 植え替えの手間がかからない

 

水ゴケを使って素焼き鉢に植え込むと、株が大きくなるため、約3年たつと鉢増しが必要になります。また、水やりの仕方によっては水ゴケや根が傷んでくるので、3〜5年で植え替えを行います。

 

流木などに着生させると、原生地のコチョウランと同じように、根は成長に合わせて自由に伸びていくので、植え替える必要はなくなります。

 

3 さまざまな飾り方が楽しめる

 

着生させる流木やコルク板、ヘゴ板などの形や大きさはお好みしだい。飾り方も、木の枝や軒下に吊るしたり、壁に立てかけたりと自由自在です。気に入った鉢(容器)と組み合わせて、室内で飾ることもできます。

 

鉢に固定すると水やりが行いやすく、適度な湿度も保てるので、コチョウランの生育もよくなります。

 

※テキストでは流木仕立ての方法、お手入れの仕方を詳しく紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2019年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992812019_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション すっきり見えて心地よい チュニック&パンツ

2019年05月21日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000162672019_01_136

サラリーマン川柳 くらだし傑作選

2019年05月28日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000057012019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら 上

2019年03月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)