趣味

米ぬかで野菜のおいしさを引き出す


2019.01.03

「寒起こし」のタイミングは、厳寒期の1月がベスト。撮影:編集部

「米ぬか」とは、玄米を精米したあとに出る表皮と胚芽のこと。土壌改良材として畑にまくほか、ぼかし肥の発酵促進剤などに使われています。体験農園園主で、東京都指導農業士の加藤正明さんが、効果的な米ぬかの使い方を教えてくれました。

 

*  *  *

 

1 冬にまいて微生物を活性化!

 

米ぬかは、土壌中の微生物の働きを活性化させるため、通気性や保水性、排水性の改善につながります。また、野菜の味をよくする効果も期待できます。まくタイミングは、地表から30cmくらいの土をスコップで掘り起こす「寒起こし」の作業時がおすすめ。寒さにさらすことで、土中にすむ病原菌や害虫が減って土がリフレッシュされます。

 

2 溝にまいてじっくり効かせる!

 

春から育てるトマトやナス、エダマメなど、生育後半に肥料を多く必要とする果菜類には、畝(うね)下の溝の中に米ぬかをまくと効果的。根が伸びた先に施すことでムダがなく、有機物の力で野菜本来の味を引き立てる効果が期待できます。発酵によるガスで根を傷めることがないよう、十分な時間をあけてから植えつけるのがコツです。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年12・2019年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000162762020_01_136

サラリーマン川柳 とびきり傑作選

2020年06月10日発売

定価 1045円 (本体950円)

000069233842020_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる(後編) 

2020年05月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000061992922020_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション 着心地かろやか 手縫いのおとな服

2020年05月21日発売

定価 1430円 (本体1300円)