趣味

低山歩きを楽しむための3つのポイント


2018.11.24

月居山は戦国時代の城跡や名瀑・袋田の滝など見どころが多く、濃密な山歩きが楽しめます。撮影:田渕睦深

日本各地に点在する美しい里山や、標高1000メートルに満たない低山。その山道に刻まれた歴史や集落の暮らしに思いを馳(は)せる山歩きには、高い山を踏破するのとはまた違う楽しさがあります。今回は、そんな低山歩きの味わい方をご紹介。清々(すがすが)しい秋の山の空気を味わいに、この週末は、こんな低山歩きへ出かけませんか? 低山トラベラーの大内 征(おおうち・せい)さんに、低山歩きを楽しむためのポイントを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

日本全国の低山や里山を歩いてきた大内さん。低山歩きを楽しむためのポイントは「歴史」と「絶景」、そしてそれを見つけるための「準備(下調べ)」にあるそうです。

 

登る山や山麓の歴史に目を向けよう

 

人里に近い低山には、いにしえの神話や歴史、人々の生活を今に伝える寺社や史跡、石碑など土地の文化が残っています。歴史を知れば、山歩きの楽しみも深まります。

 

絶景や自然美を探して楽しもう

 

「低山で絶景?」と思うかもしれませんが、実は低山だからこそ出会える風景があります。視点を変えて自然や景色を眺めることで、意外な発見ができるかも!?

 

入念な準備で山歩きを充実させよう

 

「段取り八分」という言葉がありますが、それは山歩きも同じ。登山を充実させるには事前の下調べは不可欠! また、入念な準備は安全にもつながります。

 

※テキストでは、茨城県最北部の奥久慈地方にある低山・月居山を紹介しています。

 

■『NHK趣味どきっ!海・山・町を再発見! おとなの歩き旅 秋』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992702018_01_136

そのまま切って使える型紙BOOKシリーズ 高橋恵美子の 手ぬいのベスト&パンツ

2018年09月18日発売

定価 972円 (本体900円)