趣味

将棋界のサッカー今昔


2018.11.09

観戦記者の後藤元気さんが将棋界のエピソードを綴る連載「渋谷系日誌」。東西の棋士が対決するフットサル大会が開かれるなど、サッカーを嗜む将棋人は少なくありません。今月号では将棋界におけるサッカーの今昔について思いを馳せます。

 

*  *  *

 

この原稿を書いているのは、ロシアで行われたワールドカップが閉幕した数日後です。日本代表も強敵を相手に大健闘。生活のリズムが乱れまくる一か月でした。

 

この欄は「渋谷系日誌」なので渋谷の熱狂を伝えたいところでしたが、人酔いするタイプなので、もっぱら自宅観戦。きっと2020年の東京オリンピックも同じような感じでやり過ごすんじゃないかと思います。

 

さて、ワールドカップの熱狂の合間に、われらが日本将棋連盟フットサル部も恒例の合宿を決行しました。参加したのは棋士や関係者など15名ほど。日中は体を目いっぱい動かし、夜はおいしい食事とお酒、温泉を楽しむ。差し引きのカロリーはともかく、充実した2日間でした。

 

現在は狭いコートのフットサルをやっていますが、以前は広いオールコートのサッカー部として活動していました。初代の部長は深浦康市九段で、たしか1990年代の後半あたりから始まったように記憶しています。もう20年前なんですね。そんなになるなんて驚いちゃう。

 

当時の不動のゴールキーパーは中田功七段。長い手足を生かした堅守の反面、パワー不足のためゴールキックが敵へのパスになってしまうというお約束(?)がありました。

 

ディフェンスにはガッツあふれる木村一基九段。ミッドフィルダーは運動量と器用さが持ち味の熊坂学五段や、視野の広い野月浩貴八段。

 

フォワードは、相手に食らいつくプレイスタイルから「狂犬」と恐れられた阿久津主税八段。そして俊足のエースストライカーでキングカズと呼ばれた佐藤和俊六段などなど。

 

他にも印象深いプレイヤーはたくさんいるけれど、紙幅の都合もあるのでこのくらいにしておきましょう。

 

最近のフットサルに参加しているのは深浦さんと佐藤和さんくらい。阿久津さんあたりは、ちょっと挑発したら昔の血が騒いで復活してくれたりして。近々にお宅に遊びにいく予定があるので、食らいつかれないように気をつけつつ試してみますか。

 

そうそう、当時の本誌でもサッカー部の活動が特集されていたはずなので、バックナンバーをお持ちの方はページをめくってみてください。あんな人や、こんな人。思わぬお宝写真が見られるかもしれませんよ。

 

■『NHK将棋講座』2018年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000162612018_01_136

NHK俳句 夏井いつきの季語道場

2018年09月20日発売

定価 1512円 (本体1400円)