趣味

上手に冬越しさせるコツ


2018.11.13

寒さが厳しいからといって、ポリフィルムなどのシートをかけてはダメ。不織布や防虫ネットで防寒すれば十分。

冬越し野菜とは、秋から初冬に栽培を始め、冬を越させて翌春以降に収穫する野菜のこと。主なものにイチゴ、エンドウ、ソラマメ、タマネギ、ニンニクなどがあります。ダイコンやキャベツなどにも、冬越し野菜と同様に11〜12月に栽培を始める作型がありますが、これらは冬越し野菜とは呼びません。違いは、生育に寒さが必要かどうか。冬越し野菜には、寒さに当たることで収穫できる性質があるのです。上手に冬越しさせるコツを、恵泉女学園大学人間社会学部教授藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

寒さが厳しくなるなかで栽培を始める冬越し野菜。ポイントを押さえて、寒さを乗り切りましょう

 

1 適期を守って栽培スタート

 

冬越し野菜は、ほかの野菜と比べて栽培スタートの適期が非常に短いのが特徴です。スタート時期が早すぎると株が大きくなりすぎ、遅すぎると株が小さすぎる状態で冬を迎えてしまい、うまく育たなくなります。

 

2 適切なサイズで冬越しさせる

 

冬越し野菜には種類ごとに、最も耐寒性が強い大きさがあります。例えば、エンドウやソラマメは草丈15〜20cmのころが耐寒性が最も強く、氷点下の寒さにも耐えられます。タマネギは、細い苗を植えると寒さで枯れてしまい、太すぎる苗を植えると春先にとう立ちして、球が太らないうちに堅く、おいしくなくなります。

 

3 適度な防寒にとどめる

 

冬越し野菜の花芽ができたり、球が肥大したりするためには寒さに当てる必要があります。むやみに防寒してはいけません。霜や寒風がきつい、適切なサイズで冬越しさせられないといった場合に、その野菜に適した方法で防寒しましょう。

 

4 冬場もときどきお世話を

 

冬の間は寒さで生育が鈍るため、地上部に大きな変化は見られませんが、地下では根が伸びています。月に1〜2回は菜園を見回り、お世話をしましょう。寒さで枯れた葉は病害虫が発生する原因になるほか、霜柱が立つと根が浮き上がり、株が枯れてしまうことも。早めの対処が大切です。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年10・11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000162652019_01_136

NHK囲碁シリーズ 寺山怜の 流れをつかむ「弱い石」戦法

2019年01月16日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000069233802018_01_136

201812_NHK大河ドラマ・ガイド いだてん 前編

2018年12月25日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000162642018_01_136

NHK俳句 俳句づくりに役立つ!旧かな入門

2018年11月20日発売

定価 1836円 (本体1700円)