趣味

「鯛の刺身よりうまい」って本当? 野沢菜の一番間引き


2018.10.28

野沢菜。撮影:栗林成城

野沢菜は、「漬け菜」と呼ばれる野菜の一つ。東京都産業労働局農林水産部の小寺孝治さんに、野沢菜にまつわる興味深いトリビアを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

「菜の花畠に入り日薄れ」で始まる唱歌「朧(おぼろ)月夜」。あの菜の花畑は、野沢菜の畑だとする説があります。作詞した国文学者の高野辰之博士は、長野県永田村(現在の中野市)生まれ。野沢菜発祥の地・野沢温泉で見た光景に心打たれ、この詩を書いたといわれているのです。

 

長野県の産地では、発芽後初めて間引いた野沢菜を、温泉の源泉でゆがいて食べ、その味を「鯛の刺身よりうまい」と楽しみにしているとか。間引き菜や蕾(つぼみ)などを味わえるのは、育てている人の特権ですね!

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年10・11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000162692019_01_136

体感訳 万葉集

2019年07月25日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)