趣味

秋冬野菜の土作りが間に合わない! どうすれば?


2018.10.09

肥料分が土に溶け出しやすい化成肥料なら、作付け当日に土作りをしても大丈夫。撮影:渡辺七奈

秋冬野菜の作付けが遅れて、土作りが間に合わない! とお嘆きの方はいませんか? 巻き返す方法を、練馬区の農業体験農園「イガさんの畑」園主の五十嵐 透(いがらし・とおる)さんが提案します。

 

*  *  *

 

化成肥料なら、土作り&作付けを1日で行うスピード土作りが可能です。

 

間に合わないときは、片づけと土作りを終えてその日のうちに作付けするのも、やむをえませんね。作付けの適期を守るほうが大事です。特に秋冬野菜は、適期を逃すと生育に影響が出ることがあります。

 

元肥(もとごえ)には、化成肥料がおすすめです。未熟な堆肥や油かすや魚粉など、投入後に分解して効果が出る有機質肥料は使わないこと。分解の過程でガスが発生し、根を傷めることがあるからです。有機配合肥料も避けたほうが賢明です。

 

※テキストでは総勢6名の専門家がお悩み解決法を指南しています。ぜひご覧ください。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年10・11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)