趣味

加藤一二三九段の「残り何分?」攻勢に遭った佐藤紳哉七段


2018.08.30

撮影:藤田浩司

佐藤紳哉(さとう・しんや)七段も、奨励会時代には記録係を務めていました。記録を取った中で、特に印象深い対局について語っていただきました。

 

*  *  *

 

記録係は奨励会員の大事な仕事です。対局を特等席で見られるので、貴重な勉強の機会でもあります。ただ、長考派の棋士は盤面がなかなか動かないので睡魔との戦いに。そして長考するということは、面白い終盤戦になるころは1分将棋になっていることが多く、記録で手一杯。考える暇はありません。

 

私もいろいろな対局の記録を取りましたが、特に印象に残っているのは大御所の棋士。加藤一二三九段の記録を取ったときは、有名な「残り何分?」攻勢に驚きました。残り1分でも聞いてくるのは本当です。

 

大山康晴十五世名人はとにかく迫力のある先生でした。私の奨励会入会が平成2年、大山先生が亡くなったのが平成3年。記録を取れたのはいい巡り合わせだったと思います。

 

■『NHK将棋講座』2018年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162712019_01_136

日本歌人クラブアンソロジー 2019年版 現代万葉集

2019年11月11日発売

定価 3143円 (本体2857円)

000000162722019_01_136

NHK将棋シリーズ 深浦康市の振り飛車なんてこわくない

2019年11月14日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)