趣味

NHK杯本戦初出場! 井出隼平四段の自戦記


2018.08.24

左/井出隼平四段、右/近藤誠也五段 撮影:河井邦彦

第68回 NHK杯戦1回戦 第9局は、本戦初出場となる井出隼平(いで・じゅんぺい)四段と、本戦シードの近藤誠也(こんどう・せいや)五段の対局だった。放送時の解説は井手四段の師匠、田丸昇(たまる・のぼる)九段。井手四段が寄せてくれた自戦記から、序盤の展開を紹介する。

shote1

*  *  *

 

初めての本戦

 

デビューして2年がたつ。実はこれが初めて本戦に入った棋戦である。テレビ対局ということもあり緊張していた。

 

解説をするのが師匠ということもあり、朝は待ち合わせをしていただいた。

 

初のNHK杯本戦を前に道に迷うなどの憂いもなく万全の構えである。

 

振り駒も先手が出て予定どおりの振り飛車に。

 

どうなるかは分からない。力は出し切れそうだと思ったが、まだ経験の少ない戦法なので不安も大きかった。

09191082018_p038_01

 

経験済みの展開

 

1図から2図のあたりは、後手にはさまざまな手段がある。△7七角成から△3三角と設置したのち、先手の桂頭を狙う指し方。△4四歩(2図)と角道を止めずに囲いを進める順もある。力戦形なので指してみなければ分からないことが多い。

 

私は今まで角道を止めて指すノーマル四間飛車を多用していた。しかし最近このような力戦振り飛車に誘導することが多くなり、必然的にそのような展開になりやすかったのだ。もっと自由に将棋を指してみたいという、心境の変化である。

 

本譜は穏やかな囲い合いの展開になった。こちらの主張は1筋の位を取っていることだ。これをとがめるために早めに動かれる順も心配していたが、

本局は後手番らしくじっくりとした流れとなった。実はこの展開は研究会で指したことがあり、なかなかの好感触を持っていた。途中まで全く同じ進行だったが、△3二銀(3図) は初めて見る局面。ここから未知の世界である。

09191082018_p038_02

 

最近はこういう将棋のほうが楽しい。解放感があるのだろう。

 

3図から▲8六歩と積極的に動いていったのは、自陣が早くも最善形になっているからだ。先手番らしく積極的に行きたいという思いもあった。

 

▲8六同飛に△同飛と交換するのは、後手陣が片寄っているのに対し、先手陣はバランスよく隙がないため有利になる。

09191082018_p038_03

 

※投了までの棋譜と観戦記はテキストに掲載しています。

※肩書はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK将棋講座』2018年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000064072342018_01_136 

韓国ドラマ・ガイドブック 仮面の王 イ・ソン

2018年04月17日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000069235832018_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 半分、青い。 Part1

2018年03月26日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000061992612018_01_136

NHK趣味の園芸 栽培のコツがわかる ベランダガーデニング

2018年03月17日発売

定価 1188円 (本体1100円)