趣味

ナスからトゲトゲした葉が出てきた! これは何?


2018.09.10

ナスの台木から出た赤ナスの芽。葉脈にとげがある。見つけたら早めに取ろう。撮影:谷山真一郎

ナスの栽培中、根本からトゲトゲした葉が生えてくることがあります。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、この現象について解説していただきました。

 

*  *  *

 

新種の野菜ができたわけじゃありませんよ。つぎ木苗の台木に使われている赤ナスから芽が伸びて、育ったもの(台芽)です。やがてトマトに似た赤い実がなりますが、食べてはいけません。台木に使われるのは、根が丈夫で強健な植物です。放置するとぐんぐん育ち、肝心のナスの生育を圧迫するので、早めに元から取り除きましょう。

 

なお、ナスの台木には、赤ナス以外の植物が使われることもあります。台木の種類がなんであれ、台芽は早めにかき取ることが大切です。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年8・9月号 より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992772019_01_136

NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田 智の 新・野菜づくり大全

2019年02月21日発売

定価 2376円 (本体2200円)

000000056992019_01_136

NHK連続テレビ小説 まんぷく 下

2019年02月27日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992782019_01_136

NHK趣味の園芸 バラ講座

2019年03月21日発売

定価 1728円 (本体1600円)