趣味

ちょっと面倒な追肥……やるか否かで大違い


2018.09.17

一般的な追肥の方法。株の周囲全体に、パラパラと肥料をまく。1か所にまとめてまくのではなく、栽培スペース全体に、まんべんなくまくとムラなく吸収される。撮影:鈴木正美

生育の途中で与える肥料を「追肥」といいます。なぜ元肥(もとごえ)だけではダメなのでしょうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんは、「やるか否かで生育に大きな差が出ます」と断言します。

 

*  *  *

 

野菜も人間と同じで、株が小さいうちは肥料を多く必要としません。また、肥料分は雨などで流出するため、元肥で収穫までに必要な全量を与えるより、追肥を行って途中で補うほうが効率よく吸収されます。

 

追肥の頻度や収穫までの回数は、野菜の種類によって異なります。栽培期間が短い葉もの野菜は収穫までに1回のみですが、長く収穫を続けるトマトなどは2週間に1回行います。

 

追肥の目的

 

1 肥料のムダを防ぐ

肥料分は雨や水やりなどによって流出する。収穫までに必要な量をまとめて施すより、何回かに分けて施すほうがムダにならない。

 

2 肥料切れを防ぐ

生育の途中で肥料が不足すると、野菜はスタミナ切れを起こして育ちが悪くなる。トマトやナスなど収穫期間が長い野菜ほど、追肥で定期的に肥料分を補おう。

 

3 生育を急激に促す

野菜には、肥料分を急激に必要とするタイミングがある。例えば実もの野菜は花を咲かせて実をつけるころから、ニンジンなどの根菜類は根が伸びたあと、太り始めるタイミングで肥料を多く必要とする。適切なタイミングで補うと、一気にグッと成長する。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年8・9月号 より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ(10) オリーブ