趣味

とれたては格別! プランターでカリフラワー


2018.08.12

撮影:渡辺七奈

カリフラワーは深型のプランターで1株ずつ育てます。収穫したてのカリフラワーは、ぜひ生で味わってください。複数の色をミックスすれば、彩り豊かなサラダになりますよ。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに、プランター栽培の手順を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

STEP1 深型プランターに1株ずつ苗を植えつけよう

 

2色育てる場合も、1株ずつ植えつけましょう。プランターも色違いにすると、見た目がきれい。(適期:8月中旬〜9月中旬)

 

16501082018_p064_01

 

アブラナ科のカリフラワーは、アオムシ、コナガ、アブラムシなどの大好物。苗を植えつけたらあんどん支柱を立て、防虫ネットで全体を覆いましょう。葉を広げてしっかり光合成ができるように、ネットには余裕をもたせておきます。葉がネットについていると、ネット越しにモンシロチョウなどに卵を産みつけられるので要注意です。

 

STEP2 1か月したら追肥と土寄せを開始する

 

植えつけの1か月後から、液体肥料で追肥をします。株元の根がむき出しになりやすいので、様子を見ながら土寄せもしましょう。(適期:9月中旬〜12月上旬)

 

STEP3 花蕾が開く前に収穫する

 

品種にもよりますが、花蕾の直径が10〜15cm以上になったら、堅く締まっているうちに、包丁などで切り取って収穫しましょう。プランターの場合は、畑よりやや小さめのサイズになります。(前期:10月下旬〜12月下旬)

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年8・9月号 より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992692018_01_136

そのまま切って使える型紙BOOKシリーズ こうの早苗の ワンピース

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)