趣味

今年の冬は自家製シュンギクで鍋をしよう


2018.09.16

撮影:栗林成城

シュンギク特有の香りは鍋物にぴったり。夏の終わりごろにタネをまけば、なんと年明けまで収穫することができます! 恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、栽培のコツをうかがいました。

 

*  *  *

 

シュンギクのタネは発芽に光が必要!

 

シュンギクのタネは、発芽に光を必要とする「好光性種子」です。タネに土を厚くかけてしまうと発芽しにくくなるため、土は薄くかけます。しかしそうすると、土が乾燥しやすくなったり、タネが風で飛んでしまったりすることも。不織布をかけて発芽を安定させましょう。

 

タネは多めにまいて間引きながら育てる

 

シュンギクのタネは、発芽率が約50%とほかのタネに比べてかなり低いため、多めにまきましょう。成長途中で3回に分けて間引きをし、最終的な株間は、20〜30cmにします。間引き菜も食べられるので、決してムダにはなりません!

 

保温シートで、年明けまで収穫!

 

霜の降りる時期までに保温シートなどを使って防寒しておくと、1月ごろまで収穫可能。霜に当たると枯れてしまうシュンギクを寒さから守ることで、より長い期間、楽しめるようになります。

 

16501082018_p051_01

撮影:丸山 滋

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年8・9月号 より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)