趣味

大人も、子どもも楽しくてためになる! 「自由研究」のススメ


2018.08.02

三輪先生とお子さん 撮影:藤田浩司

夏休みが始まりました。千葉大学環境健康フィールド科学センター助教の三輪正幸(みわ・まさゆき)さんと、ハーブ研究家の高浜真理子(たかはま・まりこ)さんに、遊び感覚で学べる、今夏おすすめの「自由研究」を教えていただきました。

 

*  *  *

 

自由研究1 果物を食べたら…タネをまいてみよう!

 

タネであれば、何でもまいてみましょう。食べた果物のタネやどんぐりなどはもちろん、食材店で見かけるクミンシードやバジルシードなどのスパイスも、発芽することがあります。

 

タネまき研究の進め方

 

タネをまく

まき方に工夫をしてみます。土の深さやタネの間隔や数など、いろいろな方法で試してみましょう。

 

発芽したら?

似た形のタネから出る葉は、似ているか。タネと葉の大きさには関係があるか。さまざまな視点から観察しましょう。

 

発芽しなかったら?

どうして発芽しなかったのか、調べてみましょう。図鑑やネットの調べ方を学ぶ、よい機会になります。

 

自由研究2 まるでマジック! 色が変わる、シソジュース

 

用意するもの

赤ジソの葉…300g

水…2L

クエン酸…30g

砂糖…1000g

 

つくり方

〈1〉水を大きめの鍋で沸かし、その中に赤ジソの葉を入れます。〈2〉葉の赤い色素が抜け、お湯が青くなったら、葉を引き上げます。〈3〉砂糖を加え、沸騰させます。〈4〉火からおろし、クエン酸を加えて完成。3〜7倍程度に薄めて飲みます。

 

ここが魔法!

クエン酸を加えると、それまで重く青みがかっていた色が、明るくきれいな赤色に劇的に変わります。この体験は、子どもが大きくなってから、酸性やアルカリ性を理解する手助けになるかもしれません。

 

自由研究3 ミツバチになりきる! 花の地図をつくるハニーウォーク

 

ミツバチは、巣の近くにある花から蜜を収集し、花の種類によってハチミツの味が違います。そこで、自分たちがミツバチになったつもりで、家の近所に咲いている花を調べ、ミツバチが蜜を集める植物の地図をつくりましょう。

 

地図のつくり方

自宅近くの地図をつくり、散歩をする感覚で花を探し、地図上に書き加えていきます。花は写真に撮って、あとで名前を調べるとよいでしょう。ミツバチが好む花と、蜜は集めない花(花粉だけ採るものもアリ)があるので、それを調べて分類するのもおすすめです。

 

自由研究4 じっくり観察 色水に浸して吸水を体感

 

ホウセンカやツユクサなどの植物を、根がついたままや根を切った状態で色水に浸し、茎や葉、花にどのような色の変化があるのかを観察します。色水は食紅でつくります。

 

観察のポイント

植物がどのように水を吸い上げるのか、目で見て体感できます。茎は長いほうがいいのか、葉や根はあったほうがいいのかなど、いろいろな方法を試してみましょう。

 

■『NHK趣味の園芸』2018年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000162612018_01_136

NHK俳句 夏井いつきの季語道場

2018年09月20日発売

定価 1512円 (本体1400円)