趣味

水槽の中で「現地ごっこ」……雨林のジオラマ、パルダリウム


2018.07.22

ガラスの向こうで植物たちがせめぎ合いながら風景をつくる。撮影:田中雅也

園芸界のトレンドをいち早くお伝えする連載「今、熱い植物」。7月号では、パルダリウムを取り上げます。

 

*  *  *

 

水槽の中で植物と戯れる「現地ごっこ」

 

以前この連載でもコケをガラスの容器で育てるテラリウムを紹介したことがあるが、最近、それと似た言葉でパルダリウムという名前を見かけることがふえている。パルダリウムの定義は諸説あるが、その名がついたものには、やや湿度の高い環境を好む植物が植えられている。

 

「私のまわりでパルダリウムと称したものをつくる人が出始めたころには、『現地ごっこ』なんて呼び方もしてましたね」

 

そう語るのは、国内のパルダリウム草創期から今に至るまでを知る熱帯水槽・雨林植物店主の古賀篤(こが・あつし)さん。観賞用のエビの繁殖を行うかたわら、雨林(※)の植物に興味をもつようになり、自身の店で販売するだけでなく、自ら現地に赴いて雨林の植生なども観察している人物だ。

 

「容器の中に植物を植え込んだものが広くテラリウムと呼ばれているかと思いますが、そのなかで雨林の植生を再現しているものがパルダリウムだと捉えています。一種のジオラマのようなものですね」

 

水槽の底に用土を入れて植物を植えるだけでなく、流木を入れてつる性の植物を絡ませたり、壁面をつくってシダを着生させることもよく行われる。こうした変化をつけることで、水槽の中によりリアルな雨林の情景を表現できるのだ。

 

パルダリウムに使われる植物の多くは雨林の下草。巨大な樹木や、より大きな草に上空を覆われた、暗い林床でも育つ植物たちだ。

 

※雨林:年間降水量が多い地域でできる森林のこと。温帯〜熱帯にあり、広義では霧に包まれることが多い雲霧林も含む

 

■『NHK趣味の園芸』2018年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000162612018_01_136

NHK俳句 夏井いつきの季語道場

2018年09月20日発売

定価 1512円 (本体1400円)