趣味

稲葉陽八段VS.藤井聡太四段の対局から「次の一手」


2018.06.03

『NHK将棋講座』2018年5月号の別冊付録は「第67回NHK杯戦 激闘の軌跡」。3回線から決勝戦までの対局から、次の一手形式で局面を紹介しています。本稿では、3回戦第3局の稲葉陽八段 対 藤井聡太四段の対局を見てみましょう。

 

*  *  *

 

千田翔太六段、森内俊之九段と強敵を打ち破ってきた藤井四段(当時)でしたが、本局は苦戦を強いられます。図で稲葉八段に鋭い手が出ました。

09191052018_p00b_01

 

答え:▲3一銀

 

何も利いていない地点に駒を捨てる▲3一銀(解答図)が、持ち駒の飛車を生かす鋭い一手でした。

09191052018_p00b_02

 

金取りなので△同玉と取るしかありませんが、▲5二飛(解答2図)が厳しい打ち込み。この手が7二の金取りと、▲4二銀△3二玉▲5三銀不成△3三玉▲4二飛成の寄せを見ており、先手優勢がはっきりしました。

09191052018_p00b_03

 

その後も驚異的な粘りを見せた藤井四段。敗れはしたものの、初出場ながら堂々とした指し回しはインパクト十分でした。

 

※肩書はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK将棋講座』2018年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000162612018_01_136

NHK俳句 夏井いつきの季語道場

2018年09月20日発売

定価 1512円 (本体1400円)