趣味

山崎隆之八段VS.稲葉陽八段 関西同士の頂上決戦


2018.05.30

左/山崎隆之八段、右/稲葉陽八段 撮影:河井邦彦

第67回 NHK杯戦 決勝戦が3月18日に放送された。頂点を決める戦いに挑んだのは、山崎隆之(やまさき・たかゆき)八段と稲葉 陽(いなば・あきら)八段。関西同士の決戦となった。後藤元気さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。

09191052018_p050_01

*  *  *

 

ジンクス

 

「実は羽生さんに勝つことができた棋戦は、これまで全部優勝しているんですよね」

 

準々決勝の斎藤慎太郎七段戦のあと、食事の席で山崎がこうつぶやいた。具体的には2004年度の第54回NHK杯戦、2009年度の第3回ネット将棋最強戦、2017年度の第38回将棋日本シリーズである。

 

今回は2回戦で羽生善治竜王に勝ち、決勝まで駒を進めてきた。もっとも山崎はこの言葉を発するとき、少し恥ずかしそうにもしていた。羽生との対戦成績は4勝18敗。その4勝なのだ。

 

和服の2人

 

先に控え室に入ったのは山崎。直後に稲葉がやってきた。きょうは両者とも和服を着て戦うため、いつもより早い到着である。山崎が前回優勝した第54回の決勝戦で観戦記を担当したのは田辺忠幸さんだった。共同通信の名物記者として愛され、2008年に鬼籍に入られた方だ。当時の観戦記を振り返ってみると、こんな記述が見つかった。

 

『決勝はぜひ羽織、袴(はかま)に威儀を正して対局してもらいたいものだが、山崎は「まだ和服は持っていません」と言う。だがしかし、和服を必要とする日は近い。中原先生は「着流しでいいから、着物になじんでおくほうがいいね」とおっしゃる』。

 

小言幸兵衛ならぬ忠幸旦那。2人の立派な姿を見れば何も言わずにうなずくに違いない。

 

甲斐日向三段の振り駒は、山崎の振り歩先で歩が3枚。そうと決まれば相掛かりを目指す▲2六歩が、彼の歩む道である。力のこもった手つきに、副調整室のギャラリーからは「盤を割らないで!」と声が出た。

 

稲葉はその気合いをそらすように、△3四歩から横歩取りを目指す。山崎自身も「先手番なら▲2六歩△8四歩の相掛かりが3割。▲2六歩△3四歩からの横歩取りの出だしが7割」と思っていたという。

 

09191052018_p050_02

 

横歩取りへの流れを強引に引き戻すように▲2八飛(1図)として、山崎は稲葉の気配をうかがう。「もしかしたら予想外で手が止まるかもと思ったが、ノータイムで△7六飛。△8四飛なら無難なだけに、自分が知らないところで常識になっているのかと警戒しました」

 

ところが稲葉は「▲2八飛は意外で、事前には全く考えていませんでした」と局後に明かした。大事な決勝戦で、なんと思い切りのよいことか。

 

2筋を受けないならば▲2四歩(2図)はこう指したいところ。△7七角成〜△2二歩はへこまされた受けだが、△2二銀は▲2三歩成△同銀▲2四歩〜▲2三角の強襲がある。

09191052018_p050_03

 

▲4八銀〜▲5九金(3図)の駒組みは、堅さを重視した現代風の駒組みだ。山崎は「センスがある感じで自分らしくなく、逆に気恥ずかしかった」というから、実戦の心理は面白い。

 

※投了までの棋譜と観戦記はテキストに掲載しています。

※肩書はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK将棋講座』2018年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000162612018_01_136

NHK俳句 夏井いつきの季語道場

2018年09月20日発売

定価 1512円 (本体1400円)