趣味

佐藤紳哉七段、テレビに映りたかった小学生名人戦


2018.05.31

撮影:藤田浩司

4月にスタートした佐藤紳哉(さとう・しんや)七段の講座「佐藤紳哉のエンジョイ将棋」はお楽しみいただけていますか? 佐藤七段に子ども時代の思い出を聞いてみました。

 

*  *  *

 

子どものころ、一番の目標にしていたのは小学生名人戦で優勝することでした。……本当のところは、ベスト4になるとテレビに出られるので、それが楽しみだったんです。6年生のときは我ながら優勝候補だったと思うのですが、ベスト8で阪口悟(五段)さんに逆転負けを喫してしまい、ついに夢をかなえることはできませんでした。将棋の内容も、悔しかったこともよく覚えています。

 

プロの世界を意識し始めたのもこのころです。将棋教室では4年生くらいから「プロになるの?」と聞かれていたのですが、よく分からないので生返事をしていましたね(笑)。

 

将棋雑誌を読み始めた時期が、羽生さん、佐藤康光さん、森内さんがデビューして活躍していたころ。その姿に憧れて、プロを目指す気持ちが高まりました。

 

※肩書はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK将棋講座』2018年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)